マーケティング

「PEST分析」とは?PEST分析の各要素をかみ砕いて紹介

マーケティングやブランディングを行っていると、「PEST分析」という分析方法を一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

そこで、今回の記事ではPEST分析とはどのような分析方法か、各要素をかみ砕いて基本的はPEST分析の方法をご紹介します。

PEST分析とは?

PEST分析とは、企業の経営戦略やマーケティング活動をおこなう際に使われることがあるフレームワークの一つです。

景気、市場、法律といった自社を取り巻く外部環境が事業にどのような影響を与える可能性があるのかを分析します。そうした「マクロ環境」を知ることで、外部環境の変化にも応じた戦略を取ることができます。

PEST分析は、マーケティングの第一人者でもあるフィリップ・コトラー氏が提唱したもので、環境分析の重要性を主張しています。

語源としては、外部環境である「Politics(政治)」「Economy(経済)」「Society(社会)」「Technology(技術)」の4つの頭文字をとってPEST分析と呼ばれています。

マーケティングのフレームワークには他にも3C分析、4P分析、STP分析、MECE、SWOT分析など数多くありますが、状況に合わせて使いこなすことが大事です。
PEST分析の場合は、早い段階で外部環境を把握することが望ましいとされています。

PEST分析の各要素について

それでは、PEST分析の各要素について見ていきましょう。

PEST分析の各要素①Politics(政治)

政治的要因は、法律や条例といった行政の動向など、政治的な動きすべてを指します。

たとえ直接的には関係のない、政治的要因であっても、思わぬところで派生する場合もあるため、市場に関係するルールなどは調査するのが望ましいでしょう。

PEST分析の各要素②Economy(経済)

経済的要因は、景気の状態、物価の変化など経済に関する環境変化のことを指します。単なる数字の変化だけでなく、深掘りして動向を探ることが求められます。

PEST分析の各要素③Society(社会)

社会的要因は、流行やライフスタイルの変化など、企業や顧客を取り巻く環境を指します。この場合は、明確な数字ではなく、動向を追っていくことが望ましいです。

PEST分析の各要素④Technology(技術)

技術的要因は、技術の進歩によって競争力が失われるなどの、技術がもたらす環境変化のことを指します。スマートフォンの進化など、技術の進化のスピードは早く、これからますます見逃せなくなりそうです。

PEST分析の重要性

PEST分析によって、マクロ環境を分析することは、市場に潜んでいるビジネスチャンスやリスクを発見することに繋がると言われています。

適切なタイミングでPEST分析をし、経営戦略を練ることが重要でしょう。

まとめ

PEST分析とはどのような手法であるか、理解することはできたでしょうか。PEST分析の特性を踏まえて戦略に活かしていきましょう。