ブランディング

ブランドエクイティ4つの要素とは?ブランド戦略に欠かせない考え方

ブランド戦略を考える上で、重要な考えとされている「ブランドエクイティ」。
マーケティング用語としても、ブランドエクイティの4つの要素はよく耳にします。

しかし、なんとなく理解してはいるものの、よくわからないという人のために、今回の記事ではブランドエクイティの基本的な考え方や4つの構成要素をご紹介します。

ブランドエクイティとは

ブランドエクイティは、英語表記にすると「Brand Equity」と表します。Equityが「資産」という意味を表すことから、直訳するとブランドがもつ資産という意味になります。

資産というと、土地やお金といった「財産」のことを想像する方も多いと思いますが、この場における資産は違った意味です。ビジネス上では、「将来的に利益を生み出す可能性があるが、まだ利益を生み出していないもの」の事を指すと言われています。
つまり、目に見える資産だけでなく、目に見えない企業のブランドも資産に含まれるということです。

このような考え方は、1980年代後半から論じられ始め、カリフォルニア大学のデービット・アーカー教授によって体系づけられ、企業の持つブランドの重要性が認識されました。

「ブランドエクイティの活用方法|構築するメリットを学び差別化を図る」はこちら

ブランドエクイティの構成要素

ブランドエクイティを構成する要素として、「4つの要素」がよく取り上げられます。
ブランドが4つの要素をどれくらい持っているか、継続的に把握することで、自社のブランドエクイティも把握することができます。

構成要素⑴ブランド認知

ブランド認知は、そのブランドがどの程度知られているかということです。ブランドのロゴや名前を一目見てどのような商品を扱っている会社なのか、イメージすることができることが望ましいです。

認知度が高いことによって、顧客からの信頼度も高まり、選択される可能性が高くなるでしょう。

構成要素⑵知覚品質

知覚品質は、顧客が商品を試してみたいと思う程度までブランドを認知しているということです。

似たような商品を比較した時に、パフォーマンスの良さ、信頼性、耐久性などの基準から判断して選び、その判断の積み重ねでブランドへの姿勢を決めています。

「ブランディングの持つ効果とは?強いブランドが持つ優位性「知覚品質」について」はこちら

構成要素⑶ブランドロイヤリティ

ブランドロイヤリティは、顧客がブランドを何度も選びたいと思うほど、ブランドに対して愛着が湧いた様子を指します。
ブランドロイヤリティが高いほど、他の企業に移ることも少なくなり、企業の収益も安定するでしょう。

ロイヤルカスタマーの存在は、利益だけでなくブランドの成長にも欠かせないため、ブランドロイヤリティはブランドエクイティの中でも重要とされています。

「ブランドロイヤリティとは何か?ブランドロイヤリティを高めることが重要な理由」はこちら

構成要素⑷ブランド連想

ブランド連想は、顧客がそのブランドから連想して違和感を感じない商品の範囲を示します。
3つの構成要素はブランドに対する態度であるのに対し、ブランド連想だけは範囲を示すものであるという点に注意する必要があります。

『ブランディングの持つ効果とは?強いブランドが持つ優位性「連想」について』はこちら

まとめ

ブランド戦略を考える上で大切な視点であるブランドエクイティの4つの構成要素を理解して、魅力的なブランドに成長させましょう。