ブランディング

3つの優れた企業例から見るミッション・ビジョン・バリューの重要性

組織に所属した人なら目にしたことのあるであろうミッション・ビジョン・バリュー。聞いたことはあるけれどなぜ重要で、どんなミッション・ビジョン・バリューが優れているのかわからない人もいると思います。そこで今回は、ミッション・ビジョン・バリューの重要性を3つの企業例から示していきます。

ミッション・ビジョン・バリューとは

ミッション・ビジョン・バリューとは、「マネジメント」の発明者として有名なピーター・F・ドラッカーが提唱した企業の経営方針のことを指します。それぞれ「組織が社会に対して果たすべき使命」「組織の将来像」「組織で共通する具体的な価値観」のことを言います。まずミッションで組織の実現したい未来を提示。次にビジョンで組織のなるべき姿を示し、最後にバリューで実現のための具体的な行動を表します。

優れたミッション・ビジョン・バリューの条件

共感しやすいことと体現しやすいことが優れたミッション・ビジョン・バリューを生み出す要因になります。まず、共感は顧客からの信頼を生みます。社会からの賛同を得ることは、ミッションとビジョンの実現に近づく大きな鍵になるでしょう。そして、体現しやすいことでバリューを達成しやすくなります。経営層だけでなく全ての従業員に理解し行動してもらうためには、共感とともに体現しやすいことが大切です。価値観が揃うと組織全体が一つになって動けるようになるでしょう。

3つの企業によるミッション・ビジョン・バリューの例

ここからは3つの企業による優れたミッション・ビジョン・バリューの例を紹介します。誰もが知っている有名企業はどのようなミッション・ビジョン・バリューを掲げているのでしょうか。

株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)の例

【ミッション】
世界に喜びと驚きを
【ビジョン】
インターネットやAIを活用し、永久ベンチャーとして世の中にデライトを届ける。
【バリュー】
・「こと」に向かう
・全力コミット
・2ランクアップ
・透明性
・発言責任

LINE株式会社の例

【ミッション】
世界中の人と人、人と情報・サービスとの距離を縮めること
【ビジョン】
24時間365日生活のすべてを支えるライフインフラになること
【バリュー】
・WOW
・PRIDE

ヤフー株式会社の例

【ミッション】
課題解決エンジン
【ビジョン】
UPDATE JAPAN
【バリュー】
・All Yahoo! JAPAN
・個のチカラ
・発見・提案・改善
・圧倒的当事者意識
・やりぬく

まとめ

ミッション・ビジョン・バリューは組織にとって、とても重要な経営方針です。明確なミッション・ビジョン・バリューは共感と体現しやすさを生みます。ミッション・ビジョン・バリューを決定し、一体感のある組織を作りましょう。