ブランディング

ブランドとは?「ブランディング」を始める前に、必ず知っておくこと

こんにちは。

レイロ 八田です。

みなさん、「ブランド」ってなんだと思いますか?

普段耳にする言葉ですが、実際説明するのは難しいと思います。

「”ルイ・ヴィトン”や”エルメス”のこと?」

「ロゴマークのこと?」

などなど、それらは決して間違いではありませんが、ブランドを形成するほんの一部に過ぎません。

ここでは、「ブランド」について簡単に説明します。

「ブランド」は、とても曖昧な領域

ブランドの概念は、研究者の中でも意見が一致しない領域で、曖昧で解像度の低い言葉です。

そのため、言葉の指す意味が広く、よく混乱を招きます。

また、ブランドを取り扱う側も曖昧なままが理解していることが多く、

よくクリエイティブを整えること=ブランド作り

と勘違いしているケースもよく見られます。

「ブランド」の起源

では、実際「ブランド」とは何でしょうか?

ブランドとは、

かつて家畜に所有物であることを示すために焼印をつける(brander)

という言葉から派生したと言われています。

このまま解釈すると、ブランドは目印という意味になります。

しかし、区別するという意味では正しいですが、ブランドを意味する言葉の幅はより大きくなっています。

みなさんもブランドロゴを見る時、それ以上を想起しませんか?

「ああ、この商品美味しそうだな」

「このロゴがついているから安心だ」

など、区別以上の価値を想像すると思います。

「ブランド」は、人それぞれの心に浮かぶイメージ

一言で言うと、

「ブランド」は、人それぞれの心に浮かぶイメージ

です。

コカコーラを見ると、「赤い」「炭酸」「若者が飲む」といったイメージが浮かびますが、

「あの頃に飲んだな」「なんか言葉にできないけどクールだ」など、人それぞれ違ったイメージが浮かぶこともあります。

その

”一人一人に浮かぶイメージ”

こそがブランドです。

ですので、厳密に言うと、

「想起するブランドは、人によって異なる」

と言えます。

見えない「ブランド」の知識を、心の器に貯める

ブランドとは目に見えないものです。

従って、

デザインやロゴなどをブランドというのは誤り

ということになります。

そのブランドを作るためには、一人一人異なるイメージを蓄積し、ブランドの知識を貯める必要があります。

PRしたりデザインで表現するインプットの作業だけではなく、

”体験し心に残るまで考える”

必要があります。

 

言い換えると、

”一人一人違った形の心の器をブランド知識という水で満たしてあげる”

ということです。

 

また、誤った情報をインプットすると、

すぐに器の水は濁り、もし溢れると簡単に掬うことはできません。

それほど、ブランドは繊細なものです。

ブランディングは、”心の器に水を注ぐこと”

従ってブランディングとは、

”心の器に水を注ぐこと”

とreiroでは定義しています。

どのような形の器を作ってあげるか。そして、どのように器に水を注ぐか。しっかりと考える必要があります。

さいごに

このように、ブランドとはとても曖昧なもので、ある種、経営と同義とも言えます。

さらにいうと皆大きさは違えど、既にブランドは持っているということになります。

一度ご自身のビジネスや、ご自分のブランドについて考えてみてはいかがでしょうか?