ブランディング

ブランドの魅力を最大限引き出す、ブランドステートメントとは?

皆さんはブランドの魅力を多くの人に伝えたい、と考えた時、どのような手段を考えますか?

実はブランドステートメントは、効果的であると考えられています。今回の記事では、ブランドステートメントの意味から、企業の事例をご紹介します。

ブランドステートメントとは?

ブランドステートメントは、ブランドのミッションや目指すべき姿を簡潔に表現するものです。

企業理念(コーポレートステートメント)は、企業のミッションなどを表明する点で似ているが、企業理念は企業が「どのように在るべきか」を明確にする一方で、ブランドステートメントは、「ブランドが消費者に何を提供することができるか」を表明しているという違いがあります。

フォーマットや内容は、数ページに納めたコンパクトなものから、詳細に記したものまで、様々な方法がとられています。

ブランドステートメントは、商品やサービスだけでなく、ロゴやパッケージ、広告、接客に至るまで、あらゆる活動に結びついているため、ブランドの価値を高めるために、重要な取り組みです。

ブランドステートメントの内容

ブランドステートメントの内容としては、ブランドの存在意義や目指す姿をしっかりと明文化することが求められます。当たり障りのない表現では、響きません。

また、これらを実現するためには、会社の関係者全員がブランドステートメントに共感、理解し、行動に移せるような流れにすることが必要と考えられています。社員の共感を得られないブランドステートメントでは、顧客の共感を得るのは難しいからです。

良いブランドステートメントの条件

それでは、良いブランドステートメントの条件とはどのようなものなのでしょうか。

条件①ビジョン・ミッションが明確である

ブランドステートメントを立てる際に、自社のビジョンやミッションが明確でないと、伝えるメッセージにブレが出てきます。

まずは自社のビジョンやミッションを策定することが先決です。

「企業の旗印になる、ビジョンとは?」はこちら
「ミッション・ビジョン・バリューとは?意外とわかりにくい用語の違い」はこちら
「ビジョンの作り方とは?最高の組織にするためのビジョンの考え方」はこちら
「企業を未来へと導く、良いビジョンと悪いビジョンとは?」はこちら

条件②ターゲットが明確

ブランドステートメントが誰に伝えたいものなのか、ターゲットを明確にすることから始めてみてはいかがでしょうか。

せっかく良いブランドステートメントを作成しても、メッセージが届けたい相手に伝わらないのでは、意味がないからです。

「ブランディングには必須!正しいターゲットの決め方とは」はこちら

条件③顧客目線

実際にブランドステートメントを読み取るのは、顧客であり、企業ではありません。

企業側の一方的な価値観の押し付けにならないように、顧客目線で考えたブランドステートメントが望ましいでしょう。

まとめ

ブランドステートメントは、企業の魅力を多くの人に届けるためにも、有効な手段であるということがおわかりになったでしょうか。

今回の記事を通して、企業のブランドステートメントを見直して、更なる企業の魅力を引き出すきっかけになれたら幸いです。