ブランディング

ビジョンの作り方とは?最高の組織にするためのビジョンの考え方

「ビジョン」を作成しようと思っても、どのようにビジョンを作成したら良いのか、苦戦する方も多いと思います。

そこで今回の記事では、組織運営で欠かせないビジョンの作り方をビジョンの重要性と合わせて見てきたいと思います。

ビジョンとは?

「ビジョン」を作成する前に、正しいビジョンの意味を把握していることが大切です。ビジョンの本来の意味としては、「先見の明、未来像」といった意味合いがあります。

これを企業のビジョンに当てはめると、「企業活動によって実現したい未来」のことを指します。未来と言っても漠然としているためおり、その定義は企業によって様々であると思います。

そして、ビジョンには2つの視点があり、どちらの視点も欠かせない2つの視点がありま、ものです。

1つは、顧客や社会からの視点です。「企業活動を通してどのような未来、結果をもたらしてくれるのか」それを明確にすることで企業に対する信頼も高まるでしょう。

2つ目としては、社内の視点です。「企業がその未来の実現に向けてあるべき姿」を社内の従業員に提示することで、企業全体の方向性がまとまります。

また、ビジョンは「売上○○目指す」といったような経営戦略とは違い、社会でどのような価値を発揮するのかを設定することで、多くの人から応援される企業となるのです。

ビジョンの必要性

ビジョンは、企業にとって重要な役割を果たします。

ビジョンの必要性①目指すべき方向性の共有

ビジョンを設定することで、企業が目指すべき方向性が社員に共有されます。そして、社員一人一人がそのビジョンに向かって仕事をすることができます。

目指すべき方向性が共有されていない場合は、「なぜ、この仕事をしているのか」と存在意義を見出せなくなる上にったり、仕事に対してのモチベーションが低下する恐れもあります。企業が長期的に成長するためにも、ビジョンの設定は必要なのです。

ビジョンの必要性②日々の判断軸

また、日々の仕事の選択肢で迷った時、ビジョンが明確であれば迷う事なく、ビジョンの達成に近い行動を選ぶことができます。ビジョンを判断軸として使う事もできるのです。

ビジョンを作るときのポイント

ビジョンは小難しい言葉を使うのではなく、誰にでもわかりやすい共感される言葉や表現が望ましいでしょう。

ここで一例を出すと、ソフトバンクグループのビジョンは「世界から最も必要とされる企業グループ」、ファーストリテイリンググループの場合は「世界を良い方向に変えていく」です。

どちらの企業のビジョンも、誰にでもわかりやすい言葉で表現されているためおり、簡単に未来の姿を想像することができます。そして、短期的なお金儲けのためではなく、長期的な成長を視野に入れることで無理のないビジョンをつくることができます。

まとめ

ビジョンは、企業だけでなく個人にとっても重要な役割を果たします。将来のありたい姿をビジョンで表現してみてはいかがでしょうか。