ブランディング

ターゲットインサイトとは? 注目される理由と効果的な分析方法をご紹介

マーケティングにおいて欠かせないターゲットインサイト。実際、その意味をしっかり理解した上で分析に取りかかれているでしょうか。今回は間違えられやすい潜在ニーズとの違いとともに意味を解説し、具体的な分析方法を紹介します。

ターゲットインサイトとは?

ターゲットインサイトとは、ターゲットの身の回りで起こる出来事や感情から、その奥に潜んでいる本質を見極めることで知れる売上につながるターゲットの本音です。インサイト自体が「洞察」を表す言葉であり、視点を変えてターゲットを分析することでインサイトを得る事ができます。例えば「国産の洋服が安心」と無意識に思っていたターゲットは、国産の商品の宣伝で気付いていない欲求から購入にいたることがあります。ターゲットインサイトはターゲットが気づいていない無意識の本音であり、隠れた欲求であることから、本人が意識していないうちに購買の原動力になります。ターゲットの内面を理解出来、売上に直接繋がるため、マーケティングにおいてに欠かせない分析活動です。

ターゲットインサイトと潜在ニーズとの違い

ターゲットインサイトと間違えられやすものに潜在ニーズがあります。その答えとして、ターゲットインサイトは消費者が気づいていない売上に関わる無意識の本音であるのに対し、潜在ニーズは消費者が気づいていないすべての本音のことを指します。つまりターゲットインサイトは売上に関わる本音であり、潜在ニーズに含まれるのです。

具体的なターゲットインサイトの分析方法

ここからはマーケティングにおいて欠かせないターゲットインサイトの分析方法を紹介します。

ターゲットをイメージする

まず具体的なターゲットをイメージすることが必要です。年齢・性別・職業・学歴・年収・家族構成などの基本情報から、趣味・休日の過ごし方・よく読む雑誌・車・ファッションの傾向までイメージしましょう。そこからインタビューするべき人の見つけ方など様々な分析に移ることが出来ます。このイメージによってサイトのデザインやサービスの雰囲気を定めていくことが出来ます。

アンケートやインタビューなどあらゆる方法で情報を収集する

アンケートやグループインタビュー、1対1のインタビューで情報を収集します。その際、仮説を立ててアンケートやインタビューに挑むことが大切です。例えばチョコレート菓子に関することだったら「パッケージのデザインに満足していない」という仮説を立てて質問することで、仮説との相違点から様々な情報を得ることが出来ます。複数の消費者と接することで、あらゆる方向からサービスを見直すことができるでしょう。

多角的な視点から顧客を分析する

インサイトは消費者自身も意識していない領域。つまり言動だけでなく、行動や感情、思考などから見抜く必要があります。他にも行動観察やソーシャルリスニング、コラージュエクササイズ、文章完成法などさまざまな調査に挑戦しましょう。複数の調査で得られた結果を基に洞察を重ねた上でやっとターゲットインサイトにたどり着けるのです。

まとめ

ここまでターゲットインサイトの意味と分析方法を解説してきました。多角的に分析し、洞察することで自社のサービスを魅力的にしてくれるターゲットインサイト。ぜひ意味を理解した上で活用してみてください。