ブランディング

「ブランドエクスペリエンス」に必要なポイント。リアルな体験をブランディングする方法

ブランドエクスペリエンス(ブランド体験)が、現代において必要性が高まっていることについては前回の記事「ブランドエクスペリエンスとは?現代で必要なブランド体験のデザイン」でお伝えしました。

今回の記事では、ブランドエクスペリエンスを活用するために必要なポイントについてご紹介します。

ブランドエクスペリエンスについておさらい

ブランドエクスペリエンスは、ブランド体験とも言われます。最近では、消費スタイルが「モノ消費」から「コト消費」に変化していると言われています。その中で、顧客は商品を購入するだけでなく、商品を購入する過程など、消費の一連の体験に価値を見出しているのです。それがブランドエクスペリエンスと呼ばれるブランディングの考え方です。

そうした背景には、消費の変化だけでなく、SNSの普及による購買の変化や企業のブランディングの変化も影響しているようです。

ブランドエクスペリエンスに必要なポイント

ブランドエクスペリエンスを考える上で、必要なポイントとはどのようなものでしょうか。

ブランドエクスペリエンスに必要なポイント①顧客視点

従来は、企業が商品の価値を決め、顧客に販売するスタイルであったため、マーケティングについても、そうした考え方の下で活動していた企業も多いようです。しかし、現在は顧客の消費が変化したことで、商品を販売して終わりの従来の考え方が変化しています。

そうした際に必要な視点が顧客視点です。顧客は、企業の商品を購入するだけの人ではなく、商品を利用する人と捉えることで顧客が何を求めているのか理解することができるようです。顧客視点を重視することで、自然とブランドエクスペリエンスに必要な視点が得られます。

ブランドエクスペリエンスに必要な視点②ブランドの提供価値

現在、技術の発展などの影響で、商品の質は平均化し、商品の差別化が難しくなっています。そのため、商品を売るだけでなく、商品を購入することで得られるブランドエクスペリエンスを顧客に提供する必要があるのです。

商品やブランドが提供できる価値はどのようなものがあるか、改めて考えてみることが必要です。

 

まとめ

顧客のブランド体験をデザインするブランドエクスペリエンスは、昨今の顧客の消費や社会の変化の中でますます重要性を増すと考えられています。ブランドエクスペリエンスの視点を学び、マーケティング活動に活かしてみてはどうでしょうか。