ブランディング

ブランディングの7つの効果

ブランディングに取り組もうと思っていても、実際にどのような効果が見込まれるのか?ブランディングをはじめる上で、知っておきたいですよね。

この記事では、ブランディングによってもたらされる効果を7つにまとめました。

ブランディングの効果1~競合優位性~

買い物をする時に、同じ機能、値段設定の商品AとBがあったとします。Aは誰もが知る有名ブランド。Bはあまり知られていないブランドの商品です。この時の判断基準として、有名なブランドの方が「安心ができる」と思うのが人間の心理ではないでしょうか?

つまり、競合がいてもブランディングが成功していれば優位に立つことができるのです。

ブランディングの効果2~価格競争の回避~

身近な例を見てみると、アップルのiPhoneがあります。他社のスマートフォンよりも値段が高いにも関わらず、多くの人が購入するのは、アップルというブランドに惹かれているからでしょう。このように、価格競争に陥らずにすむことができます。

ブランディングの効果3~固定ファンの獲得~

ブランディングによって、その企業や商品を選んでくれる固定ファン=客の囲い込みが狙えます。固定ファンを囲い込むことで、売上と利益の安定化にも繋がります。

ブランディングの効果4~プロモーションコストの削減~

効果3で紹介した固定ファンが、積極的に情報を取得し、購入してくれるため、企業側は必要以上に広告費などをかける必要がなくなるのです。

ブランディングの効果5~継続的な売上~

ブランディングの効果は広告と違って、即効性が見込めるものではありません。しかし、ブランディングによってもたらされた効果は、長期的にわたって売上や利益に結びつくでしょう。

ブランディングの効果6~企業からの信頼が得られる~

魅力的なブランドと認められれば、一緒にビジネスをしたいと考える企業からオファーが来る可能性が高まります。企業にとっても、様々な可能性が広がるでしょう。

ブランディングの効果7~優秀な人材の確保~

たとえ、小さな企業であっても魅力的な企業の場合、多くの人が働きたいと思ってくれることでしょう。人材不足にも悩まずに済むのです。

まとめ

ブランディングによってもたらされる効果、様々ありました。

売上に関わることだけでなく、長期的な効果が見込まれるブランディングを試してみてはいかがでしょうか?