ブランディング

ブランディングをいつ始めるべき?ベストタイミングとは?

企業の価値を高める「ブランディング」。

しかし、実際にはいつ、どのタイミングではじめることがベストなのでしょうか。企業がブランディングを求められるタイミングについて見ていきましょう。

ブランディングの重要性

ブランディングは、企業の価値や魅力を高めるためには欠かせない戦略です。

ブランディングが適切に行われていないと、価格競争やターゲットの記憶に残りづらいなど、様々な影響が及びます。

また、「リブランディング」という言葉もよく耳にします。

「ブランド再生」「ブランド再構築」の意味合いで使用されますが、どのブランドも市場や顧客の変化などに対応していくことが求められています。

ブランディングをはじめるタイミング

ブランディングをはじめるタイミングとして、スタートアップ企業のブランディングと、リブランディングが必要な企業、それぞれの場合について考えていきます。

①スタートアップ企業はサービスをローンチする前に

ブランディングは、外だけでなく、会社の中にいる人に対しても重要な役割を果たします。

これからつくっていく商品がどんなものになるのか、まだわからなくても、なぜこの商品を作っているのか、同じ考えを共通認識として持つことで同じ方向を向いて進み、ブランドを作ることができるからです。

②新規事業開発

会社で新たにサービスや新商品を開発するタイミング。

その過程で、新商品に対するブランディングが必要になってきます。

③事業継承

②とは違って、企業に対するブランディング。

経営者が交代するタイミングで、時代の流れに合った、新しい方向性をブランディングするチャンスです。

④創業○○周年の節目

大事な節目の時にこそ、企業の今後について考え方を見直していく良い機会になるでしょう。

⑤ブランドの低迷期

「ブランドを展開したものの、成果が上がらない」

「今まで上手くいっていたブランドが低迷しはじめた」

様々な要因から、このような現象が起きることがあります。その時に、立ち返って、市場の分析やコンセプトの見直しをすることが求められるでしょう。

まとめ

ブランディングをはじめるタイミングについて、ご紹介してきましたが、このほかにも企業や事業の状況によって様々なケースがあります。企業をよりよくしていきたい、思い立ったが吉日。ブランディングを試してみてはいかがですか?