ブランディング

ペルソナ設定とは?ペルソナ設定が必要な理由とメリットを解説

マーケティングの活動をしていると、よく見かける「ペルソナ設定」。ターゲットとはどのような意味の違いがあるのでしょうか。

今回の記事では、ペルソナ設定とは?からブランドを強くするためのペルソナ設定の活用方法について見ていきましょう。

 

ペルソナ設定とは?

ペルソナは、英語で表すと「Person」と書き、ラテン語の「人」や「演劇の役割」といった意味があります。ビジネス上やマーケティング用語としてよく使われる言葉です。

マーケティング用語に置き換えると、商品やサービスを購入する典型的な顧客の像、人物像のことを指します。そうした顧客の像を描くことを「ペルソナ設定」と言うのです。

『「ペルソナ設定」を効果的に作成する方法。顧客の心に届けるペルソナ設定』記事はこちら

ペルソナとターゲットの違い

ペルソナとよく混同しがちな用語として、「ターゲット」があります。しかし、実際は意味が全然違います。

ターゲットは、「的(まと)」の意味から転じて、ビジネス上では狙うべき範囲のことを指します。ペルソナとターゲットの違いとしては、設定する内容の細かさが違います。

ターゲットは年代や職業、性別といったようにざっくりとした設定です。一方のペルソナは、さらに詳細に設定します。例えば、家族構成や居住地、価値観、パーソナリティなど、より具体的に想像できるペルソナを作ります。そうすることで、ペルソナがどのような気持ちで行動するのかがわかり、ブランド戦略にも活かすことができます。

ペルソナ設定はなぜ必要なのか?

ペルソナ設定はなぜ必要とされているのでしょうか。ターゲットではなくペルソナ設定が必要とされる理由の背景には、社会の変化がありました。

現在は、情報もモノも溢れる時代になりました。その中で、従来のマスマーケティングの戦略を行っていては、多様化した顧客に響きません。そのため、顧客一人一人のライフスタイルに合わせた詳細なペルソナ設定が必要とされているのです。

 

ペルソナ設定のメリット

ペルソナ設定のメリットとして最も挙げられることは、顧客のニーズを把握できることでしょう。ペルソナ設定をすることで、顧客の価値観やライフスタイルを把握していることで、深いニーズを理解し、戦略にも活かすことができます。

また、従業員の共通認識を持たせることができます。届けたい相手が明確に決まっている事で、従業員が目指すべき方向性もブレずにすみます。

 

まとめ

ターゲットだけでなく、詳細なペルソナ設定を考えることで、顧客がどのような行動を、いつ、行っているのかを分析することができます。ペルソナ設定を利用し、顧客に刺さる戦略を練ってみてはいかがでしょうか。