マーケティング

「ペルソナ設定」を効果的に作成する方法。顧客の心に届けるペルソナ設定

マーケティングや企業の戦略を立てる上で、ペルソナ設定をすることで顧客に刺さる戦略を立てることができると思っている方も多いのではないでしょうか。架空のユーザー像を具体的に描くペルソナ設定は、近年特に重視されています。前回の記事で、ペルソナ設定の基本についてご紹介しましたが、今回の記事では具体的なペルソナ設定の方法を見ていきましょう。

ペルソナ設定が必要な理由

ペルソナ設定はなぜ必要なのでしょうか?ターゲットを決めるだけでなく、詳細なペルソナ設定を設定することで、どんなメリットが生まれるのでしょうか?

よく言われていることが、ペルソナ設定をすることで、顧客の視点に立って考えることができるようになります。ターゲットを定めていても、それが商品やサービスを利用する顧客が本当に求めているものかはわかりません。顧客の視点に立って考えるために、詳細なペルソナ設定でペルソナの生活スタイルを把握することが必要なのです。ターゲットである顧客の環境や考え方をペルソナ設定で設定することで、商品やサービスの戦略も顧客目線で工夫することができます。

また、ペルソナ設定を行う事で、商品やサービスを開発している社員の間で、ターゲットとなる顧客の情報を共有することができます。曖昧なターゲット像だと、社員の価値観によって方向性が異なってしまうからです。

『ペルソナ設定とは?ペルソナ設定が必要な理由とメリットを解説』記事はこちら

ペルソナ設定の方法

それでは、ペルソナ設定をどのように設定するのか方法を見ていきましょう。

設定方法①ペルソナで必要な項目

まずは、ペルソナ設定で欠かせない項目についてです。
ペルソナ設定から、架空の人物像を明確にするために詳細な項目が必要となります。年齢や性別、居住地といった基本的な情報から、職業、生活スタイル、価値観や考え方である性格、家族構成、収入、趣味など様々な視点からペルソナ設定に取り組みます。

設定方法②ペルソナ設定のプロセス

ペルソナ設定に必要な項目を埋めていくためには、実際に存在する人物からの調査も欠かせません。ターゲットとなる層の顧客にインタビューやアンケート調査を行い、ペルソナ設定の際の参考にします。そうすることで、より具体的なリアルなペルソナ設定を行う事ができるからです。また、既存のデータの活用やアクセス解析なども有効な手段です。

「ペルソナ設定方法」まとめ

ペルソナ設定は調査や分析から始まり、詳細な項目を設定していく必要があるため、時間はかかる作業ですが、その分顧客目線で考えられるようになるでしょう。ペルソナ設定を通して、戦略を見直してみてはいかがでしょうか。