ブランディング

都市のブランディングとは?都市のブランディングでより魅力的な都市に

「都市のブランディング」を聞いたことはありますでしょうか。都市のブランディングは、都市におけるブランディングのことを指しますが、以前紹介した地域のブランディングとはまた違った考え方です。都市のブランドを高め、良いより都市にしていくために都市のブランディングを見直してみてはいかがでしょうか。

都市のブランディングとは?

都市のブランディングは、その名の通り様々な都市に対するブランディング活動のことを指します。都市が持っている魅力や、都市の資源そのものの価値を高めることで、都市の価値を多くの人に浸透させます。そして、他の都市との差別化を図り、都市のイメージを高めることができます。
現代の社会では、少子高齢化や産業構造の変化なと様々な変化が起きています。そうした中で、都市においても人口の減少や税収入の減収を防ぐためには、住民が満足するような都市を目指す必要があります。そのため、今まで以上に都市に対するブランド価値を高め、多くの人に認識してもらう必要があるのです。

都市のブランディングの効果

都市のブランディングを行う事によって起こりうる効果は、3つあります。1つ目は、その都市に住む住民に対する効果です。都市のブランディングをすることで、住民が都市に対する誇りや愛着を感じることで、住民の定着度や満足度が向上します。2つ目は、都市の産業における効果です。都市のブランディングによって、地域商品の販売や観光に注目が集まり、地域の経済が活性化するでしょう。3つ目は、都市における効果です。都市の活性化が行われることで、安定した収入により、公共サービスなどの都市の経営が安定することも見込めます。

都市のブランディングのポイント

都市のブランディングを行う上で、まずはフィールドワーク(地域への潜入調査)をすることが必要でしょう。フィールドワークを通して、住民から一時情報を得ることで、地域の隠れた魅力を発見することができます。また、単一化された都市のブランディングにならないよう、都市が持つ魅力を活かした都市のブランディングが求められます。

まとめ

少子高齢化や、産業構造の変化といった様々な変化が起きている中で、それぞれの都市に対するブランディングも注目を集めています。都市のブランド価値を高めることで、住民や地域経済にも大きな影響があるでしょう。都市に対するブランディングを活用して、都市の魅力を高めてみてはいかがでしょうか。