マーケティング

バズマーケティングを成功させるための方法とポイント

「バズマーケティング」は最近よく耳にする「バズる」という現象を理容したマーケティングのことです。前回の記事「バズマーケティングとは?バイラルマーケティングとの違い」ではバズマーケティングの意味やメリットについてご紹介しました。今回は、それを踏まえてバズマーケティングの方法を見ていきます。

バズマーケティングのポイント

バズマーケティングは、企業や商品に関する口コミ情報を拡散させ、認知度を向上させるマーケティングの手法として注目されています。
そんなバズマーケティングのポイントとして、まず大事になるのは拡散したくなる、投稿したくなる内容であるかということです。口コミを広げるためには、発信する内容や商品が魅力的でなければ、多くの人の共感を得ることができません。バズマーケティングを通して認知度を高めたいのであれば、まずは拡散したくなるような内容にすることが第一です。

また、「ステルスマーケティング」と間違われないように気を付けなければなりません。ステルスマーケティングは、宣伝であることを隠して宣伝する方法です。ステルスマーケティングは、企業に対する信頼度にも影響する方法であるため、バズマーケティングとの違いを明確にしましょう。

バズマーケティングの方法

バズマーケティングの方法は様々あります。企業や商品の特徴に合わせた効果的な方法を考えることが必要です。SNSでは、ハッシュタグを利用したバズマーケティングがよく見られます。ハッシュタグをキャンペーンと連動させて、より多くの人へ拡散させることができます。また、誰でも手軽に発信できるのもバズマーケティングの良さです。SNSで拡散される情報に対して、消費者は嫌悪感を抱くことなく受け入れる方も多く、SNSを通したバズマーケティングは有効でしょう。

バズマーケティングのデメリット

バズマーケティングのデメリットとしては、拡散スピードが早いため、企業や商品に対する不満、誤解が広まる可能性も高いということです。
そうした情報を完全に操作することはできないのがバズマーケティングのデメリットです。

まとめ

バズマーケティングは、口コミを利用して人為的に拡散させるマーケティングの手法です。SNSなどを通して拡散したくなるような内容を発信していきましょう。