マーケティング

「アトリビューション分析」を正しく理解していますか?アトリビューション分析の基本

「アトリビューション分析」という分析方法について理解していますでしょうか?単語は知っていても、実際にどのように使われるのかはわからないという方もいるのではないでしょうか?今回の記事では、アトリビューション分析の基本についてご紹介します。

アトリビューション分析とは?

アトリビューション分析とは、「間接効果」という風に訳されることもあるように、直接コンバージョンに繋がる流入経路だけでなく、その間にあるすべての道順、間接コンバージョンも分析して、コンバージョンに対する貢献度を計るウェブ広告の分析方法です。
アドネットワークが普及したことによって、コンバージョンだけでなく、間接的なコンバージョンの分析も可能になりました。顧客がどのようなページを表示し、コンバージョンに至ったのかを細かく分析することで、新たな戦略を立てることができるでしょう。

アトリビューション分析の方法

アトリビューション分析の方法としては、まずモデルを仮定し、それらから状況に応じた方法を選びましょう。ラストクリックモデル、線形モデル、減衰モデル、接点ベースモデルなどがあります。線形モデルはすべての過程を均一に評価します。減衰モデルは、コンバージョンに近いほど評価が高くなるモデルです。接点ベースモデルは、最初と最後の接触の評価が高いモデルになります。
このように様々なモデルが存在する理由としては、すべてのビジネスモデルに適したモデルというのが存在しないためです。そのため、自社のビジネスに合わせたモデルを考える必要があります。

アトリビューション分析のメリット

アトリビューション分析のメリットとしては、直接効果だけでなく間接効果も分析し、把握すること、で成果が出ていない広告が果たして本当に効果が無いのかを知ることができます。そして、広告にかけるコストを最適化するための戦略を立てることも可能です。また、新しいターゲットを探したいという方にもおすすめでしょう。既存の広告の、新しい可能性を発見することもできるはずです。
これからもウェブ広告がさらに浸透、一般化していくなかで、最適化を目指すためのアトリビューション分析は必要不可欠となっていくでしょう。

まとめ

アトリビューション分析は、コンバージョンに至るまでのすべての過程、間接的なコンバージョンを把握するための分析方法です。メディアが多様化した現在、こうしたアトリビューション分析を利用して、正しく効果を測定していきましょう。