マーケティング

「バズマーケティング」とは?バイラルマーケティングとの違い

「バズマーケティング」というマーケティング用語について知っていますか?SNSが普及し、手軽に誰でも発信できる現在、バズマーケティングによって人為的に口コミを広げていくマーケティングの方法が浸透しています。バズマーケティングと似ている用語である「バイラルマーケティング」との違いも押さえ、バズマーケティングがどのようなものであるかを理解しましょう。

バズマーケティングとは?

バズマーケティングとは、口コミを人為的につくり活用することで、商品やサービスの特徴をアピールするマーケティングの手法です。元々「バズ(buzz)」という言葉が、蜂がブンブン飛ぶ様子から由来しています。そのため、口コミが勢いよく波及する様子から、バズマーケティングと呼ぶようになりました。

バズマーケティングは、SNSやブログなどのインターネット上の発信も活用されます。また、インフルエンサーに協力してもらい、SNSで拡散を狙う方法も、バズマーケティングの一種です。

バイラルマーケティングとの違い

バズマーケティングと似ている言葉で「バイラルマーケティング」があります。「バイラル(viral)」はウイルスのように急速に拡散する様子を表します。これを人為的に起こすのがバイラルマーケティングです。

バズマーケティングとの違いは、バイラルマーケティングはオンライン上に限るということです。SNSやウェブサイトなど、オンライン上で口コミを活用した方法になります。

バズマーケティングのメリット

バズマーケティングのメリットとしては、拡散力に優れているという点でしょう。現在、インターネットが普及したことで、気軽にSNSの発信などができるようになりました。そのため、コミュニケーションが手軽に取れるようになり、口コミが広まる速さも各段と早くなったのです。また、現在の消費者は企業が一方的に情報を発信するだけでは、興味を持ちにくく、消費者の間でコミュニケーションを通して購買に至ることが増えてきました。その際に、口コミで広がるバズマーケティングは有効なのです。

まとめ

バズマーケティングは、インターネットの普及や消費者の購買行動の変化など、現在の変化に合わせたマーケティング手法になっています。バイラルマーケティングとの違いを押さえて、商品やサービスのアピールに活用してみてはいかがでしょうか。