ブランディング

「ブランドブック」とは?インナーブランディングにも役立つブランドブックの必要性

「ブランドブック」を活用している方はどれくらいいるでしょうか?「ブランドブック」または「コンセプトブック」とも呼ばれていますが、ブランドの方向性や価値観などを広く浸透させるために配布する小冊子などのことです。会社内のインナーブランディングにも役立つブランドブックの必要性についてみていきましょう。

ブランドブックとは?

「ブランドブック」はブランドのコンセプトを主に社内で共有するための教科書のようなものとして、インナーブランディングで活用されています。会社案内や商品のパンフレットなどと違う点としては、ブランドのコンセプトやビジョンを理解してもらうために作成するということです。企業ブランドが目指すべき方向性を正しく全員に浸透させることで、ブランドの価値が向上するだけでなく日々の仕事にも良い影響があるでしょう。そのため、ブランドブックが果たす役割はブランドの理解のためだけでなく、日々ブランドの方向性を実践していくための手段のひとつとして活用されています。

ブランドブックの必要性

ブランドブックの必要性として、インターネットの普及によってモノや情報が溢れる社会になったことが影響しています。商品やサービスの機能や質だけでは差別化が難しく、情緒的な価値が付加価値として注目されるようになってきました。そのため、ブランドのコンセプトやビジョンは今までよりも注目されるようになってきたのです。そこで、ブランドブックを活用して社内でブランドの方向性を浸透させることが必要になっています。

ブランドブック作成のポイント

ブランドブックの構成としては、ミッション、ビジョン、バリュー、ブランドコンセプト、ブランドメッセージ、シンボルやロゴなどのデザインの意味などが掲載されていると良いでしょう。ブランドブックを作成する際には、多くの人に理解してもらえるように、シンプルでわかりやすい表現をし、聞きなれない専門用語は多用しないように読み手への配慮を心がけましょう。また、現状の問題点を分析し、それに応じた内容を取り入れることでより実践的な内容になるでしょう。

ブランドブックのまとめ

ブランドブックは、ブランドに対する正しい理解を広めるための方法として注目されています。また、ブランドブックを作成することが目的ではなく、理解し日々の業務に活かすことを目的として作成することで、より効果が期待できるでしょう。