ブランディング

技術のブランディング?技術をブランド化して、技術をわかりやすく伝えよう

技術のブランディングによって、技術をブランド化し、その魅力を伝えるブランディングが注目されています。技術力が高くても、その魅力を伝えるのに苦労している方も多いのではないでしょうか?伝わりづらい様々な技術の魅力をブランディングで、解決していきましょう。技術のブランディングとはなにか?から見ていきましょう。

技術のブランディングとは?

技術のブランディングは、商品やサービスをブランディングするのではなく、企業が持っている素材や部品など独自の技術をブランディングし、ブランド化することを指します。「テクノロジーブランディング」とも呼ばれており、独自の技術に名前をつけて宣伝する活動が増えています。技術のブランドは、あまり馴染みがない考え方かもしれませんが、普段接しているものにも技術のブランドは多数あります。

例えば、「ゴアテックス」は防水機能として有名ですが、これも技術のブランドの一種です。技術をブランディングすることで、それに関する商品やサービスのイメージも向上させることができます。

技術をブランド化する方法

技術をブランド化する方法としては、見えない技術をどのように伝えるかがポイントになります。商品やサービスと違い、イメージがしにくい技術では、その技術に対して魅力が伝わるキャッチフレーズをつけることで、可視化を目指します。そうすることで、技術が認識され、技術に注目した商品やサービス選びを行うようになります。技術のブランド化によって、隠れた技術の魅力の認知度を高めていきましょう。

技術のブランディングが必要な理由

技術のブランディングが必要な理由は、インターネットが普及したことで大量の情報が得られる時代になったことが関係しています。以前と違い、商品やサービスの情報が豊富に存在するため、より詳細な情報を元に購入の判断を決定する顧客も増えています。そのため、技術をブランド化し、競合他社との差別化も図りながら、商品やサービスの付加価値を高めていく必要があります。

まとめ

様々な分野でブランディングが行われていますが、技術に対するブランディングも同様に求められています。認識しづらい技術を可視化することで、より多くの人に技術の良さを知ってもらうことができるでしょう。自社の技術をどのように広めるか迷っている方は、技術をブランディングし、ブランドとして考えてみてはいかがでしょうか。