ブランディング

ファッションブランドから学ぶ!惹きつけるブランドコンセプトを作るコツ

世界に無数存在するファッションブランド。その中で注目されるブランドになるためには魅力的なブランドコンセプトを作ることが大切です。なぜなら、魅力的なブランドコンセプトをもつファッションブランドは、自ブランドが求められている個性を理解出来ているからです。今回は、具体的なブランドコンセプトの例をあげつつ魅力的なブランドコンセプトを作るための3つのコツをまとめていきます。

ファッションブランドにおけるブランドコンセプト

ブランドコンセプトとはそのブランドの理想を言葉で表したものです。中でもファッションブランドにおけるブランドコンセプトは、そのブランドの洋服を身につけると得られるイメージを言語化したものを指します。

ファッションブランドのブランドコンセプト例

CHANELは男性にとっての理想の服装ではなく女性のために機能性を重視するという意味を込めて、「女性の服の解放 」「女による女のためのモード」をコンセプトにしています。一方ルイヴィトンは、旅行カバン専門店から生まれたというストーリーを大切にし、「旅を楽しみ、人生を楽しむモノづくり」をコンセプトにしています。

ブランドコンセプトを作るための3つのコツ

ここからはファッションブランドがブランドコンセプトを作るときに抑えたいポイントを3つ紹介します。

調査を怠らない

上で紹介した3つだけでなく世界には無数の素敵なファッションブランドが存在します。歴史的なブランドから世界のトレンドの最先端をいくブランドまであらゆる価値を持つブランドがあります。その中で注目を浴びるブランドコンセプトを作り出すためには、市場調査が欠かせません。

具体的にはブランド自身と似たブランドの特徴を知る必要があります。ブランド自身の特徴を知るためには、ブランドに求められているニーズを意識したりターゲットを定めたりすることが必要です。似た他のブランドの特徴を知るためには、どのようなブランドコンセプトを掲げているか、また自ブランドと似ている点はどこかを知ることが必要です。

ユニークな世界観を作り上げる

他にないユニークな世界観があると、そのブランドは固定のファンを増やせるようになります。日本が誇るラグジュアリーブランドであるKENZOのブランドコンセプトは「多様性と個性」です。華やかな色彩やデザインでユニークな世界観を作り上げたKENZOはブランドコンセプトにそのイメージを反映させています。

価値観を見直す

CHANELの「女性の服の解放 」「女による女のためのモード」というブランドコンセプトは、女性が自立できなかった時代に女性のファッションを手掛けるという社会的に新しい価値を示しました。このように自ブランド独自の価値観を見出し、ブランドコンセプトに組み込むことでよりよいブランドコンセプトが誕生します。

まとめ

ここまでブランドコンセプトの例をあげつつ、魅力的なブランドコンセプトを作るための3つのコツをまとめました。しっかりとした市場調査や独自の世界観、価値観の見直しをした上で生まれるブランドコンセプトは間違いなくそのブランドを輝かせてくれるでしょう。