ブランディング

未来を担う”GENZ”に向けたブランディングに必要な考え方とは?

2020年時点でアメリカにおける総消費の40%以上を占め、金額にして1,430億ドルもの購買力を持つと言われているGENZ。彼らに向けた最適なブランディングをするためには何を意識するべきなのでしょうか。GENZの説明や特徴解説、傾向などと共に紹介します。

GENZとは?

アメリカにおいて1990年代半ばから2010年生まれの世代を指す「Generation Z(GENZ)」。2020年時点で10〜25歳の層のことを言います。

GENZは2020年までにアメリカの全消費者の40%を占めると予想され、今後の消費を大きく左右すると注目されている世代です。ちなみに1960〜70年代生まれは「Generation X」、1980〜90年代は「Generation Y」、1990年代は「ミレニアル世代」。続く2010〜2025年生まれは「Generation α(アルファ)」と言われています。

GENZの特徴と傾向

デジタルネイティブでありグローバル視点を持っているのがGENZの特徴です。加えて、消費行動が自己表現の手段、偏見が少ない、社会的課題への意識が高いことがGENZの傾向になります。

GENZへのブランディングで考えたい3つのポイント

そんなGENZは消費の大きな部分を占めるとされ、今ターゲットにもっともなりやすい層と言えます。そこでここからはGENZに対するブランディングを考えるときに押さえておきたいポイントを3つ紹介します。

①GENZはデジタルネイティブであること

GENZは生まれたときからデジタル環境が整備されていた最初の層です。ガラケーよりもスマホの存在が身近で、自然にスマホを使いこなしています。よってモバイル上でのコミュニケーションが大切です。PRだけでなく、買い物やリピートまで。すべての消費がオンライン上で完結できることを考えた上で戦略を立てましょう。

②GENZは情報処理能力が高いこと

オンライン上では世界中の情報を一気に見ることが出来ます。だからこそGENZは情報の良し悪しを判断する力が他の層以上に優れています。身近な情報を発信しているインフルエンサーやYouTuberが人気を得ているのもこの理由があるからでしょう

。若者受けしやすいように流行を掴みに行く姿勢が大切です。また、GENZは情報をインプットする機会も多いです。実際に商品情報は口コミなどから得て、その情報を元に買い物することも多くなっています。オンラインとオフラインの垣根を超えた消費を促す戦略が大切です。

③GENZはいろんな価値観に触れなれていること

SNSでは実際にあったことのない人の意見を簡単に知ることができます。だからこそGENZは、どんな人の意見でも自分が共感できる意見を柔軟に取り入れられます。GENZに受け入れられるブランドになるためには、人種、性別、年齢、宗教、障害、性自認、食習慣、体型などあらゆる点を受け入れたブランディングを意識することが必要です。

まとめ

GENZに向けた最適なブランディングをするためには何を意識するべきなのか、GENZの説明や特徴解説、傾向などと共に紹介しました。今後も消費を続けるGENZへの様々なアプローチに目が離せません。