マーケティング

ブルーオーシャン戦略とは?競合と差別化した具体的事例と共に紹介

みなさんはブルーオーシャン戦略という言葉を聞いたことがありますか?新たな市場開拓や顧客発掘において、長期的な売上と利益を得るための重要な戦略として認識されています。
企業にとって長期的な利益を得ることは経営を安定させるために必須。この記事を通してブルーオーシャン戦略とはどのような戦略なのか、またブルーオーシャン戦略が必要な理由を理解しましょう。

ブルーオーシャン戦略とは?

この考え方は『ブルー・オーシャン戦略』の著者、INSEAD(フランスを拠点とするビジネススクール兼経営大学院)のブルー・オーシャン戦略研究所の教授W・チャン・キムとレネ・モボルニュの二人によって提唱されました。
そもそもブルーオーシャンとは「競争相手が比較的少ない場所」を指すマーケティング用語です。今あるサービスを新たな視点で見つめ直し、差別化できるサービスを生み出すことで、競争が少ないまま成功を生み出せるとされています。それを踏まえるとブルーオーシャン戦略とは、競合のいない新しい市場をつくることで、他社との激しい競争をすることなく、事業を展開することができるというビジネス理論であることがわかります。

レッドオーシャンとは?

ブルーオーシャンと比較して用いられるの言葉に「レッドオーシャン」があります。
レッドオーシャンでは、競合同士での激しい争いが続き、コモディティ化もさらに進み、厳しい状況になっている市場のことです。実際には、激しく競争する様子を多くのサメが集まって獲物を食い荒そう真っ赤な海の様子と捉え、レッドオーシャンと名付けられました。そこから、ライバルが少ない真っ青な海原として「ブルーオーシャン」という表現が生まれました。

どんなに良い商品やサービスも、レッドオーシャンのような危険性が高い場所で生き残るのは難しいでしょう。誰も気づけていない、可能性を秘めているブルーオーシャンを開拓することで最短期間の成功を実現することが出来ます。

ブルーオーシャン戦略が必要な理由

ブルーオーシャン戦略が必要になっている理由には、インターネットが普及したことや技術の進化により、新規参入が難しかった業界への参入障壁が少なくなっている事が挙げられます。ブルーオーシャンを見つけるのが難しいとされていた業界でも、以前より新しい価値を見つけることが出来るようになっています。また、現代社会は変化が大きい時代のため、特定の市場だけで戦っていくことは安定とは言えません。そのため、ブルーオーシャンを見つけ、新たな市場を模索する必要性があるのです。

ブルーオーシャン戦略のための3つのフレームワーク

ブルーオーシャンを見極めて上手に戦略を建てるためには3つのフレームワークが存在します。自分の市場に合わせて活用してください。

バリューイノベーションの創造

バリューイノベーションとはコストを下げながら、同時に買い手にとっての価値を高めることで、企業と買い手双方にとっての価値が飛躍的に高まった状態のことをいいます。つまり「価値を高める」「低コスト化する」という2つの要素をもとに差別化を図り、新しい市場を創造するフレームワークです。このフレームには差別化のみで新規市場の開拓を狙っても、コストの優位性がなければ、あとから参入した別企業に、簡単に新市場を乗っ取られてしまう可能性を視野に入れた考え方が含まれています。

アクションマトリクス

これは、「取り除く」、「減らす」、「増やす」、「付け加える」を行なうことによって変化を生み出し、ブルーオーシャンを創造できるかを1度整理してみることです。既存市場(レッド・オーシャン)の常識や基準を照らし合わせることで新しい市場の可能性を見つけやすくなります。このフレームワークはブルーオーシャン戦略には欠かせないフレームワークであり、コストを下げながら価値を高めることを考えるよりも思いつきやすい方法として行われています。

戦略キャンバス

横軸には「その業界における競争要因(=顧客から見た価値)」、縦軸には各要因に対して「顧客がどの程度のレベルで受け取ることができるか」を示しています。座標が高ければ高いほどそのイベントにとって長所となるポイントであることがわかります。ちなみに、この戦略キャンバスを作成することで2つのメリットを得られます。1つ目は、当たり前になっているの市場について現状を把握できることです。例えば、従来のイベントの弱点であるグッズに関して分析し、高い価値を提供できるようになることで、今回のイベントは優位になります。つまり弱みに焦点をあててイベントを売り込むことができるようになるのです。2つ目は競合他社が何に投資しているか、各社が製品、サービス、配送などの何を売りにしているのかをはっきり理解できることです。従来のイベントを細分化し、いくつものイベントと共に戦略キャンバスを作り上げることによって、唯一無二の強みを持つイベントへと仕上げることが出来ます。

ブルーオーシャン戦略が必要な理由

ブルーオーシャン戦略が必要になっている理由には、インターネットが普及したことや技術の進化により、新規参入が難しかった業界への参入障壁が少なくなっている事が挙げられます。ブルーオーシャンを見つけるのが難しいとされていた業界でも、以前より新しい価値を見つけることが出来るようになっています。また、現代社会は変化が大きい時代のため、特定の市場だけで戦っていくことは安定とは言えません。そのため、ブルーオーシャンを見つけ、新たな市場を模索する必要性があるのです。

まとめ

ブルーオーシャン戦略は、これからますます変化の激しくなるであろう社会において、必要になってくる戦略です。既存の市場に囚われずに、新しい価値を提供し、ブルーオーシャンの中で成長を進めてみてはいかがでしょうか。