マーケティング

3C分析とは?コメダ珈琲を例に定義から手順までわかりやすく解説

マーケティングフレームワークの代表格である3C分析。内容はなんとなく知っている人もいるかとと思いますが、具体的な定義や目的、正しい使い方がわからない方も多いかと思います。今回はそれらの内容を、コメダ珈琲の例と合わせて紹介します。

 

3C分析とは?3C分析の定義と目的

3C分析とは、

・Customer(市場や顧客)
・Competitor(競合)
・Company(自社)

の3つのCで始まるマーケティング環境をそれぞれ分析をするためのフレームワークです。
3C分析によって自社の成功要因を発見することができます。
また、3C分析単体で戦略方針を決めることは難しいです。SWOT分析などと組み合わせることによって、自社事業のより良い戦略を生み出す事ができます。

▶︎「SWOT分析とは?マーケティング活動に活かせるSWOT分析の意味と方法」はこちら

 

3C分析の正しい使い方

3C分析を正確に行うためには、正しい情報をスムーズに収集し、分析する必要があります。情報収集の方法はインターネットはもちろん、実際に足を運んだり本から得ることができます。特に重要なのが、情報のソースです。信憑性の高い情報をいかにたくさん集められたかが、その後の分析の正確性を決定づけます。
また、市場の状況は刻一刻と変化します。スムーズに情報を収集し、分析に取り掛かることも3C分析をするにあたって重要なポイントです。

▶︎「3C分析とswot分析の違いとは?3つの違いをわかりやすく解説」はこちら

 

コメダ珈琲を例に実践!

ここからは、具体的な3C分析の例をコメダ珈琲を例に上げて実践します。

Consumer(市場環境・顧客)

2019年度の国内市場規模は34兆2351億円でした。インバウンドの需要が上がったり、テイクアウト・ファーストフード市場が成長したりと外食産業は拡大しました。コロナウイルスによって2020年以降の市場規模は縮小傾向にあるにしろ、変わらずテイクアウトなどで需要の高い市場を保っています。
また、主なコメダ珈琲に対する顧客ニーズは「落ち着いた空間でゆったりと時を過ごせる地域密着型の喫茶店」です。よって、今後のコメダ珈琲にはテイクアウト需要などウィズコロナを考慮した上での「落ち着いた空間でゆったりと時を過ごせる地域密着型の喫茶店」目標にした戦略が必要です。

 

Competitor(競合環境)

コメダ珈琲の競合といえば、スターバックスやドトールコーヒー、上島珈琲が挙げられます。しかし海外的な高級志向や店舗の立地の違い。店舗数の大きな差による馴染みやすさの違いなどでしっかりと差別化を図ることができています。
また視点を変えてみるとサイゼリヤやロイヤルホストといったファミリーレストランも競合として挙げられます。サイゼリヤは価格帯で差別ができていますが、ロイヤルホストは価格帯も年齢層の類似しています。よって、ロイヤルホストはコメダ珈琲にとって、影響のある競合の一つと言えます。

 

Company(自社環境)

コメダ珈琲は名古屋発祥の喫茶店。国内第三位の店舗数を持ち、スターバックスやドトールコーヒーと違い「カッコつけずにに行ける」ことを強みとしています。
そんなコメダ珈琲の経営理念は、「私達は”珈琲を大切にする心から”を通してお客様に”くつろぐ、いちばんいいところ”を提供します」。居心地の良さを追求して、低価格でフルサービスを提供し続ける力が求められています。

 

まとめ

ここまでコメダ珈琲の例と一緒に3c分析の定義や目的、正しい使い方を解説しました。市場の変化に対応していくためにもこまめに分析することが必要です。3c分析を用いてよりよい戦略を立てていきましょう。