マーケティング

インサイトの意味とは?ブランド戦略で必須な消費者インサイトとニーズの違い

「消費者インサイト」「顧客インサイト」とも呼ばれるインサイトは、マーケティング用語としてもよく使われる言葉です。
マーケティングでも必要なインサイトは、ブランディングにも必要な視点です。

今回の記事では、インサイトの基本的な概念から、インサイトとニーズの違いを押さえていきましょう。

インサイトとは?インサイトの意味を解説

インサイトの英語表記が「insight」となるように、一般的には「洞察力・見抜く力」といった意味合いで使われています。表面的な”見る”だけではなく、奥底に眠っている本質を見抜くという意味合いなのでしょう。これをマーケティング用語として使う時は、消費者・顧客に対する深い洞察力・理解を意味します。

そのため、よく使われる「消費者インサイト」や「顧客インサイト」は、定量的な調査からは見出せない、一歩踏み込んだ調査によって導き出される内容のことを指します。

インサイトの意味を見出すためには『主体的な調査』

しかし、消費者インサイトはただ調査をすればいいという受け身な調査では見つけることができません。
マーケティングを担当している人が自信の頭で思考を巡らせて、主体的に調査をしていくことでインサイトを見出すことができるのです。

インサイトとニーズ|意味の違い

インサイトと似ている用語として、ニーズと呼ばれる言葉があります。ニーズの意味はその言葉通り、「必要」という意味です。

誰が見ても明らかに必要ということは、調査をする必要はなく、ましてや競合も見抜いているということです。

そのため、インサイトとニーズの使い分けはとても重要になってきます。インサイトの考えを使うことで、消費者がまだ気付いてない、奥底に秘めている本音を探し、競合と差をつけていくことが可能になるのです。

なぜインサイトが注目されているのか

では、なぜ現在インサイトの考え方が注目されているのでしょうか。

過去のマーケティングでは、ニーズに対して企業が応えるのが一般でした。
しかし、モノの均質化が進み、何を使用しても不充足が少ない世の中になりました。
人々のライフスタイルが多様化している中で、商品の選ぶ理由が分散され顧客のニーズが顕在化しづらくなったのです。

そのため、今までの消費者のニーズから商品をつくり出す方法ではなく、消費者の本音を生産者側が拾い、インサイトを発見することが求められているのです。

インサイトの意味|まとめ

消費者の本音を見抜くことであるインサイトは、現代の社会において必要な視点であることがわかりました。また、必要性が明確になっているニーズの考えを踏まえて、インサイトを追求していくことが今後のマーケティング活動において重要な視点です。