ブランディング

SWOT分析とは?マーケティング活動に活かせるSWOT分析の意味と方法

SWOT分析は自社の現状分析をする際に使われる、マーケティング活動のフレームワークです。マーケティング活動を行う中で必ずと行っていいほど活用するため、多くの社会人にSWOT分析の本質を理解することが求められます。今回の記事では、基本的なSWOT分析の意味から実践的な方法までご紹介します。

SWOT分析とは?

SWOT分析は、経営戦略や現状分析を行う際によく使われるマーケティングのフレームワーのことです。Strength(強み)、Weakness(弱み)、Opportunity(機会)、Threat(脅威)の頭文字からSWOT分析(スウォット分析)と呼ばれています。
自社の資産やブランド力といった内部環境と、自社を取り巻く市場や法律などの外部環境をプラス面とマイナス面にわけることで、総合的な分析を可能にします。最終的には、現状抱える問題点やその解決方法、将来起こる可能性のある問題など漠然とした問題を整理することが出来ます。
SWOT分析は戦略を決めるだけでなく、戦略が実行した後に戦略の評価をするために用いることもあります。また事業の戦略のためだけでなく、個人が自分の強みや弱みを把握する際に用いて目標を立てることにも有効な分析方法です。

SWOT分析の目的

SWOT分析の主な目的は、「事業戦略の方針やそれに伴ったマーケティング戦略の確定」「組織の目標設定」「組織の現状分析」「将来起こる可能性のある問題を知る」ことです。どの目的で分析をするとしても、SWOT分析をする前にどの目的を達成するために分析するのか明確にすることが大切です。

SWOT分析のメリット・デメリット

様々なマーケティングのフレームワークがある中で、SWOT分析を最大限活用するためにメリットとデメリットを紹介します。事業の特徴に合わせた分析方法を活用することが大事です。

SWOT分析のメリット

SWOT分析では内部環境だけでなく、外部環境にも注目し分析を進めることで、客観的に事業全体の状況を把握することができます。また、機会や脅威など、プラス面とマイナス面の両方を一気に分析できることもメリットです。

SWOT分析のデメリット

戦略に直結する結論が出やすくダイナミックな反面、様々な分析をいかに有効な形で取り入れるかなどマーケターの腕が強く問われる分析と言えるでしょう。

SWOT分析の分析方法

SWOT分析はどのように分析するのか、実践的な方法を見ていきましょう。

分析を行う理由をはっきりさせる

まずはじめにSWOT分析を行うにあたって具体的で明確な目標を持つ必要があります。目的によっては分析内容に大きな違いが生まれることもあるので、何のために分析を行うのかを事前に議論しておくことが重要です。

外部環境を分析する

外部環境は、Opportunity(機会)とThreat(脅威)の2つです。外部環境が内部環境に影響を与える場合もあるため、外部環境から分析するのがよいとされています。
Opportunity(機会)は、自社にとってプラスとなる環境の変化や競合他社の動向を分析します。Threat(脅威)は、自社にとってマイナスである環境の変化や、競合他社の動向を指します。例え小さな出来事でもまずはリストアップしていくことが大切です。
外部環境の分析は、自社を取り巻く外部環境の分析に特化したPEST分析や、自社を取り巻く業界の構造を把握するためのファイブフォース分析など、他の分析方法も併用して取り組んでいくと効果的です。

内部環境を分析する

内部環境は、Strength(強み)とWeakness(弱み)の2つです。外部環境の分析結果をもとに、客観的に分析していきます。
Strenght(強み)は、目標達成に関係する自社が持つ強みのことです。Weakness(弱み)は、自社が苦手としている部分で、目標達成に支障が出る点です。内部環境は客観視できる人が少ないため主観的になりがちです。一般的な項目には、企業認知度、ブランド力、インフラ製品の品質、立地や拠点。人材などの資源、技術力、職場環境、離職率や定着率、従業員満足度、顧客満足度、研修の受講率、資格取得率などがあります。文面だけでなく数値的なデータもリストアップできるとより客観的な内部環境分析に繋がります。

自社が行う活動の価値の連鎖を表すバリューチェーン分析などを併用して分析することも効果的です。

SWOT分析表を作成する

要因がある程度リストアップされたら、表に記載してみましょう。

このような表に落とし込むことで「クロスSWOT分析」がしやすくなります。

「クロスSWOT分析」を使って戦略を立てる

SWOT分析から戦略を立てるために「クロスSWOT分析」を行います。実際に戦略や戦術策定、計画に落とし込むために、4つの項目それぞれを掛け合わせて、分析していきます。
①機会×強み
自社の強みを最大限活用してビジネスチャンスを掴む事のできる部分です。チャンスを逃さないためにはどんな行動が必要なのかを考えます。積極的な戦略を立てることが出来ます
②脅威×強み
自社の強みを活かしつつ、脅威との差別化を図るべき部分です。脅威は悪影響にもビジネスチャンスにもなりうる不安定な存在です。脅威を撃退することだけでなく、機会に変えられるアイデアが求められます。
③機会×弱み
弱みを理解し補強しつつ、強みと捉えチャンスを掴むことのできる部分です。一度弱みと捉えた特徴を強みに変換し生かしていけるような柔軟な発想が求められます。
④脅威×弱み
自社にとって弱みであり脅威というリスクの大きい部分。戦略立てももちろん大切ですがこの部分を見つめなくては大きな打撃を受けてしまいます。徹底的に被害を食い止めるためにの議論を行うことが必要です。

まとめ

ここまで基本的なSWOT分析の意味から実践的な方法をお伝えしました。SWOT分析は自社をいろんな視点から見つめ直すことが出来、より効率的な戦略を立てることを可能にします。SWOT分析に馴染みが無い方も、フレームワークの特徴を理解して、実現したい戦略や自社の特徴に適した分析方法を活用していきましょう。