ブランディング

リブランディングに潜むリスク。リブランディングのリスクを理解し、ブランドを見直そう

リブランディングに興味はあるものの、リブランディングを行う事によって起こるリスクが気になるという方も多いのではないでしょうか。リブランディングは、メリットもありますが、リスクもあります。今回の記事で、リブランディングのリスクを正しく理解しましょう。

リブランディングとは?

リブランディングのリスクを確認する前に、リブランディングについておさらいをしましょう。リブランディングは、従来のブランドイメージを一新し、新しいブランドイメージをつくることです。
リブランディングを行う事で、経営状況を改善したり、社会の変化に対応できるブランドづくりをすることができます。このように、市場や顧客の変化に対応してブランドを形作ることが効果的なリブランディングですが、リスクを踏まえた上で慎重な行動が求められるのです。

リブランディングの失敗ケース

まずは、リブランディングの失敗ケースを見ていきましょう。

リブランディングが失敗してしまうケースに、一方的なリブランディングがあります。一方的とは、企業目線のリブランディングであり、顧客の目線を全く考えていないリブランディングのことを指します。一方的なリブランディングでは、顧客のニーズを満たすことができず、リブランディングが失敗に終わってしまう可能性があります。

また、リブランディングのターゲットが不明確な場合も、失敗してしまう可能性があります。「男性をターゲットにする」だけであると、リブランディングの方向性がブレてしまう危険性があるため、ターゲットは具体的に絞ることが重要です。

リブランディングのリスク

メリットも多いリブランディングですが、数々のリスクも潜んでいます。その例として、リブランディングで失敗した場合、ブランドイメージを元の状態に戻したとしても、顧客が戻らないことがあるということです。顧客は、リブランディングによって変わった新しいブランドイメージを受け入れられず、他のブランドへと移ることがあります。そうした場合、簡単には元の顧客を戻すことはできません。

また、リブランディングによってつくられた新たなブランドイメージは、SNSで拡散される可能性があるということです。現在は、SNSで多くの人が情報を発信、入手しています。そのため、良くも悪くもあっという間にブランドイメージが浸透してしまうため、慎重にリブランディングを行う必要があります。

まとめ

リブランディングは、企業や商品のブランドイメージを一新し、新たな成長が見込めるブランディングの方法ですが、その分、リスクもあります。起こりうるリスクを知り、その上でリブランディングに対する慎重な判断が求められます。