マーケティング

マーケットシェアとは?マーケットシェアへの理解を深め、マーケティング戦略に活かす

「マーケットシェア」についてどれくらい理解しているでしょうか?マーケットシェアは、ある商品やサービスが市場全体の中で占める割合のことを指します。
マーケットシェアを高めることは、マーケティング戦略にも活かすことができます。マーケットシェアの基本的な理解を深め、マーケティングやブランディングで役立てましょう。

マーケットシェアとは?

マーケットシェア(market share)とは、直訳すると「市場占有率」と言います。市場シェアであり、ある市場の中の一定期間の中で自社の商品やサービスが占めている割合のことを指します。競合他社と自社の位置関係を把握することができ、マーケットシェアを巡る争いが企業間でおきているとも言われています。
マーケットシェアを決定する要素としては、商品力、品揃え、価格、アフターサービスなどがあると言われており、それらを考慮した戦略を立てることが望ましいです。

また、マーケットシェアを分析することで、自社の強みや弱みを把握することができます。マーケットシェアの獲得を目指して、企業がマーケティング戦略を立てる上で目標として設定されることも多いです。

マーケットシェアの戦略

マーケットシェアを考える際には、コトラーの競争地位別戦略を踏まえて考えることが良いでしょう。コトラーは同じ業界内でも、競争上の地位によって取るべき戦略が異なると考えています。

1つ目は、「リーダー」です。リーダーは、マーケットシェアの中でシェアがトップの商品のことを指します。リーダーは最も顧客から人気が高く、商品も売れているため、競合のものさしになります。2つ目は、「チャレンジャー」です。リーダーの商品とは違う強みを持ち、それを明確にすることで顧客から支持を受けている商品のことです。3つ目は、「フォロワー」です。リーダー商品とほぼ同じ商品でシェア拡大を目指しています。4つ目は「ニッチャー」です。ニッチなマーケットをつくり、ある一定の支持を受けています。

マーケットシェアの重要性

マーケットシェアを高めることによって、売上が増加するだけでなく、市場の構造が把握できたり、自社の強みや弱みを知ることもできます。そのため、商品やサービスを成長させたいのであれば、まずはマーケットシェアを知ることが重要となります。

まとめ

市場において、自社の商品やサービスがどれくらいの割合を占めているのかを把握するマーケットシェアの考え方は、市場の構造を把握できるだけでなく、自社の強みや弱みも把握することができます。マーケットシェアを改めて見直してみてはいかがでしょうか。