ブランディング

3c 分析とswot分析の違いとは?3つの違いをわかりやすく解説

マーケティングを勉強する上で欠かすことのできない3c分析とswot分析。誰もが知っているこの2つのフレームワークですが、この違いについての説明はできるでしょうか?この記事ではそれぞれの特徴を説明した上で、3c分析とswot分析の間にある3つの違いを解説します。

3c分析とは?

3C分析とは、自社を取り巻く環境や競合の状況を分析して事業を成功に導くフレームワークのことです。自社、競合、顧客のそれぞれをリサーチした上で、戦略を考えるときに用います。

顧客(Customer)で市場や顧客のニーズの変化を読み解き、競合(Competitor)で競合が顧客の変化にどのような対応しているのかを分析します。そして、自社(Company)で顧客と競合を踏まえて自社が成功できる要因を見つけます。

swot分析とは?

swot分析とは、外部環境と内部環境をプラス面とマイナス面に分けて分析することで、戦略策定やマーケティングの意思決定を手助けするフレームワークのことです。今後の戦略やビジネス機会を導き出すことや、課題を明確にしたいときに用います。強み(Strength)、弱み(Weakness)、機会(Opportunity)、脅威(Threat)についてしっかり洗い出すことで、戦略決定よりよい影響を与えます。

3c分析とswot分析の具体的な違い

3c分析とswot分析の意味がわかったところで、具体的な3つの違いを解説していきます。

目的の違い

まず1つ目は目的の違いです。3c分析をする目的は、自社の強みを明確にすることです。競合との差に注目することで、自社の強みが明確になるためり、力を入れるべきポイントが把握しやすくなります。一方、swot分析をする目的は、どんなときでも柔軟に戦略を切り替えられるように準備しておくことです。柔軟に対応できるようになるために行います。

視点の違い

2つ目は視点の違いです。3C分析では顧客を分析した後に、競合と自社の戦略の違いを明確にします。一方でSWOT分析では自社を中心に分析します。上記にも記載されている「強み(Strength)、弱み(Weakness)、機会(Opportunity)、脅威(Threat)」の4つの要素はすべて自社の内外環境を把握するために用いられます。

タイミングの違い

3つ目はタイミングの違いです。3c分析のあとにswot分析をすると、より強固な分析結果が得られます。自社を取り巻く環境を知れる3c分析を先に行い、内部環境を知れるswot分析を行うと、より論理的に自社を取り巻く環境を把握できるようになります。

まとめ

ここまで3c 分析とswot分析の説明と3つの違いについて解説してきました。ぜひ知識として取り入れるだけではなく、それぞれの違いを知った上で使い分けて効果を実感してみてください。