ブランディング

ブランディングと差別化戦略のメリットとは?差別化戦略で必要な視点

ブランディングにおいて差別化はとても重要です。一方、差別化が大事だと感じながらも、大事である理由は何故なのか、またその効果や方法については理解できていない方もいるのではないでしょうか。今回の記事では、ブランディングによる差別化の戦略についてご紹介します。

そもそも差別化とは?

「差別化」とはどのようなものなのか、正しく理解していますか?

差別化は、一言で表すと明確な違いをアピールすることです。現代は、様々なモノが溢れ、質や価格の均一化が生じています。そのため、顧客はどの企業、どの商品を選ぶべきか迷うことも多くなってきました。そうした場合に差別化戦略によって顧客に選ばれやすくすることができます。品質や機能、デザインなどの要素で他とは違うことをアピールし、差別化を行うことで「○○を買う時は○○の企業で購入する」というように、顧客に浸透させることもできます。

一方で、差別化戦略を考える時に「価格」で差別化をつけようと考える人も多いでしょう。しかし、価格による差別化では価格競争に巻き込まれてしまい、厳しい状況になってしまいます。そのため、価格以外の要素で違いを出すことが重要になります。

差別化戦略のメリット

差別化戦略による効果は、価格競争に巻き込まれずに自社の強みで勝負することができることです。差別化によってブランドの価値が浸透していることで、他社よりも価格を低く設定しなくても、顧客に選ばれやすい環境を整えることができます。価格を下げ、差別化を図ろうとした場合は、いくら売っても利益にならない場合も多く、競合との価格競争に巻き込まれてしまいます。

また、差別化戦略によって自社の強みを出すことで、新たに市場へ参入してくる企業を阻止する障壁を形成することもできるようになります。

ブランディングによる差別化戦略

差別化戦略には、様々な方法があります。使用用途、機能、提供方法など色々な視点で差別化ができます。その中でも、ブランドのコンセプトやストーリーを効果的に用いることで、模倣されにくい独自のポジションを築くことができます。

使用用途や機能などの要素は、真似することができても、ブランドのイメージは簡単に真似することはできません。そのため、人の感情に訴えるコンセプトやストーリーの設定を考えることが重要です。顧客の全てを把握し、インサイトに共感できるストーリーを描くことによって、顧客にとってオンリーワンのブランドを形成することが可能です。

まとめ

情報やモノが溢れる現代では、簡単に商品は売れません。そこで、「差別化」の意味を正しく把握し、ブランディングによる差別化戦略を図ることが重要でしょう。