ブランディング

セルフブランディングとは?正しい戦略で自分の価値を高めるやり方

「セルフブランディング」という言葉を聞いたことはありますか?セルフブランディングは、自分自身を商品と見立てて、個人の価値を高めていくブランディングの手法です。

AIによって仕事が奪われると言われている現代、個人の価値を高めることはますます重要になってくるでしょう。今回の記事では、セルフブランディングとはどういうものか、基本的な概念から見ていきます。

セルフブランディングとは?

セルフブランディングは、文字通り、Self(自分)をブランディングする方法のことです。セルフブランディングが注目されるようになってきたのは、最近のことです。ブログやSNSなど、インターネットの普及により、様々な人が発信をする中で、自分を差別化することが必要になってきたのです。

ブランディングは、ブランドをより魅力的にすることです。セルフブランディングの場合は、自分がブランドになります。よって、セルフブランディングは自分の魅力を最大限に活かし、価値を高めることとまとめることができます。

しかし、セルフブランディングをする上で、気を付けるポイントがあります。それは、すべての人に愛されるブランドは無いということです。様々な趣向がある中で、ブランドに対する見方も人それぞれであるため、セルフブランディングが万人の人に受け入れられなくても気にする必要はないのです。

セルフブランディングの目的

セルフブランディングの目的とはなんなのでしょうか?

セルフブランディングの目的は、セルフブランディングによって自身の認知度が向上し、信頼されやすくなることです。

情報が乱雑している情報社会で、自分をブランドするということは、競合である他社との差別化を図ることができ、結果的に価格競争などの競争にも書き込まれずに済みます。

さらに、セルフブランディングは、個人で稼ぎ、独立する人々が多い中で、セルフブランディングをいかに適切にできるかが成功の鍵になる可能性もあります。

セルフブランディングのやり方

ブランディングの手順と同じように、セルフブランディングもまず市場の分析から始めます。ただ闇雲に発信していても、競合が多数いるレッドオーシャンで戦う事は難しいからです。
競合が少ないブルーオーシャンを探し、自身の立ち位置を明確にしたら、発信の方法について考えます。自分をアピールする方法であればSNS以外にも様々な方法があるでしょう。

まとめ

今や、ブランディングは、企業や商品に対してだけではなくなってきています。セルフブランディングで個人の魅力を最大限活かし、自身の成長を図っていくこともできるのです。