ブランディング

ブレインストーミングを成功させるためには?効果的な方法を学ぼう。

「ブレインストーミング」を一度は聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。複数人でアイデアを大量に出し合う会議の方法です。しかし、ブレインストーミングは実用性に問題があるのではないかといった指摘もあります。
今回の記事では、ブレインストーミングを成功させるために、ブレインストーミングの基本的な知識から、失敗してしまう理由を紹介します。ブレインストーミングの基本を理解して、正しくブレインストーミングを行いましょう。

ブレインストーミングとは?

ブレインストーミングは英訳すると、brain(脳)とstorming(嵐)です。つまり、頭の中で色々なアイデアを嵐のように巡らすことを表しています。「ブレスト」と呼ばれることがありますが、1950年ころに誕生した複数人で行う会議の方法とされています。
自由にアイデアを共有することで、よりクリエイティブな発想を共有することができるとして、ビジネスだけでなく様々な場面で使われています。

ブレインストーミングの効果としては、複数人でアイデアを出し合うため、一人ではなかなか思いつきにくいアイデアも、効率的に生み出すことができるという点です。
ブレインストーミングに関連する考え方として、「KJ法」などがあります。KJ法では、ブレインストーミングで出たアイデアを効率的に整理、グループ化する方法です。ブレインストーミングの方法と合わせて最後に紹介します。

ブレインストーミングのメリット

ブレインストーミングのメリットとして一番大きいのは、先ほど示したように様々なアイデアを生み出すことができるという点でしょう。「三人寄れば文殊の知恵(凡人でも三人集まって相談すれば、すばらしい知恵が出るものだ)」ということわざにあるように、複数人で議論することで、お互いの考えを刺激し、より良いアイデアが出る可能性が高まるでしょう。

また、ブレインストーミングをチームで行うことによって、チームの信頼感や団結力が高まるといわれています。ブレインストーミングでは、同じ目的に向かって複数人でアイデアを出す中で、お互いの意見を尊重し、自由に意見を発言します。ブレインストーミングでチームのメンバー同士の理解を深めることで、他の仕事においても良い効果が発揮されることでしょう。

ブレインストーミングのデメリット

ブレインストーミングのデメリットはどのような点があるのでしょうか。ブレインストーミングを実施する際は、デメリットにも目を向け、ブレインストーミングが失敗に終わらないように注意する事が大事です。

ブレインストーミングは実用性に欠けるのではないか、と指摘があります。そもそも、ブレインストーミングでは、今までにない斬新なアイデアの方が歓迎されることが多いです。そのため、実用性よりも斬新なアイデアを採用してしまい、実用性に欠けるのではないかと指摘されているのです。
しかし、斬新なアイデアを生み出すブレインストーミングでは、仕方がないことです。ブレインストーミングを行う際には、現実的に実現できるのかどうかを見極めることも必要であるということを忘れずに行うことが必要です。

また、デメリットとして中途半端なブレインストーミングになってしまうこともあります。自由な発想を促すため、ブレインストーミングでは他の人のアイデアに批判的な意見を言わないことが求められます。しかし、お互いの意見に同調するあまり、緊張感がなく中途半端なブレインストーミングになってしまう可能性があるということです。馴れ合いによって議論が発展しないブレインストーミングは避けましょう。

ブレインストーミングを成功させるためのポイント

では、ブレインストーミングを成功させるためには、一体どうすれば良いのでしょうか。

ポイント①斬新なアイデアを歓迎する雰囲気に

斬新でユニークなアイデアを歓迎しましょう。ブレインストーミングでは、一見役に立たなそうなアイデアであっても、そこから議論が広がるなど新たな発見があるかもしれません。そして、斬新なアイデアを出すことが苦痛ではないチームの雰囲気をつくることも大切です。せっかくアイデアを思いついても、言いづらい雰囲気では良いブレインストーミングはできません。自由に発言ができるチームの雰囲気づくりをしましょう。

ポイント②否定しないができるよう、結論を急がない

自由な発言ができる雰囲気をつくるためには、他のメンバーの意見に対して否定、批判をするのは避けましょう。否定をすることで、ブレインストーミングの議論が止まってしまう可能性があります。結論を急いで出すのではなく、まずはアイデアをたくさん出しましょう。

ポイント③質より量を重視

ブレインストーミングではとにかく、たくさんのアイデアを出すことが大事です。そのため、質よりも量を意識して行いましょう。他のメンバーのアイデアから、新たなアイデアが生まれる場合もあるかもしれません。連鎖的に色々な角度から、新たなアイデアを考えてみましょう。

ポイント④アイデアを結合させる

連鎖的にアイデアを考えるためには、出したアイデアをそのままにするのではなく、アイデア同士を結合させて、新しいアイデアを生み出してみましょう。意外な組み合わせから思いもよらない斬新なアイデアが生まれるかもしれません。

ブレインストーミングが失敗する理由

ブレインストーミングが成功するポイントだけでなく、失敗する理由についても見ていきましょう。
ブレインストーミングでは自由は発想を次々と出すことができる雰囲気作りが重要です。そのため、チームのメンバーが緊張をしていたり、発言をするのにプレッシャーを感じてしまうような環境では、ブレインストーミングも進みません。
また、「アイデアが間違ているかもしれない」とメンバーからアイデアが出ないという状態に陥ってしまう可能性もあります。複数人が参加する議論では、他の参加者に気を遣ってしまい、アイデアが出せず、議論が停止してしまいます。

ブレインストーミングを運営する際は、まずは発言しやすい環境を心がけましょう。

ブレインストーミングを成功させる方法

ブレインストーミングの実際の方法について見ていきましょう。

ブレインストーミングではまず、ファシリテーターを決めましょう。多くのアイデアを出し合うブレインストーミングでは、話し合いを円滑に進めるための進行役が必要です。また、ファシリテーターは、進行するだけでなく意見が出しやすい環境をつくることも求められます。
次に、ブレインストーミングを行う目的を明確にしましょう。ブレインストーミングで多くのアイデアを出しても、目的がブレてしまうと時間が無駄になってしまいます。
そして時間制限をしっかりと儲けましょう。アイデアを出す時間、アイデアをまとめる時間を時間で区切ることで効率よく進めることができるでしょう。

KJ法でアイデアをまとめる

ブレインストーミングで出たアイデアを、KJ法を使うことで効率よくまとめることができるといわれています。一枚の紙に一つずつアイデアを書き、紙を移動しながら全体を俯瞰して整理整頓していく方法です。


KJ法は一般的にアイデアをラベル化、ラベルをグループ化、関係性を図開化、図解を文章化していく手順です。ブレインストーミングを行った後は、KJ法で意見をまとめてみましょう。

まとめ

ブレインストーミングの基本的な考えからから、メリット、失敗する理由などを見てきました。ブレインストーミングで必要とされるポイントを守ることで多くのアイデアを効率的に出すことが可能になります。
ブレインストーミングはビジネスの場だけでなく、プライベートで問題を解決する際にも使うことができます。色々な場面で利用してみましょう。