ブランディング

採用ブランディング|4つの方法で採用強化「3C分析・SWOT分析」

今後、少子化に伴って採用市場も厳しくなることが予想される現在、「採用ブランディング」に注目が集まっています。

採用ブランディングの重要性については、「採用にもブランディングが必要って本当?採用ブランディングの重要性」でご紹介しましたが、今回は採用ブランディングの流れや具体的な方法について見ていきたいと思います。

採用ブランディングの方法⑴市場調査

ブランディングを行うにあたって、採用ブランディングに関わらずまず最初にするべきことは、市場調査です。マーケティングの用語で、「3C分析」や「SWOT分析」という考え方があります。

3Cは、顧客(customer)、競合(competitor)、自社(company)それぞれの頭文字をとったものです。
一方でSWOTは、強み(strength)、弱み(weakness)、機会(opportunity)、脅威(threat)の頭文字をとったものになります。

3Cをそれぞれ採用ブランディングに置き換えて考えると次の通りになります。

顧客は、求職者である就活生や転職者です。採用市場のトレンドや状況は目まぐるしく変化します。採用ターゲットのニーズをしっかりと見極めましょう。

この場合の競合は、同じく採用を行っている他の企業です。採用ターゲットが他に興味を持ちそうな企業の採用活動の状況や、福利厚生といった待遇もチェックします。

自社についての分析も怠ってはいけません。SWOT分析によって、自社の企業理念や知名度、強み・弱み・機会・脅威の四つで分析し、市場での立ち位置を客観的に把握します。

採用ブランディングの方法⑵ターゲットを設定する

採用ブランディングで大切にされているのが、ターゲットの設定です。「誰を採用したいのか」で発信の仕方も変わるからです。

採用ブランディングの方法⑶コンセプト

コンセプトは、企業から採用ターゲットへの一貫したメッセージです。一貫していることで、企業のコンセプトが市場へ定着するからです。

そして、ターゲットのハートを掴むようなコンセプト作りが必要です。企業が大切にしている思いや、将来目指している方向性を一つの軸にまとめることで、ターゲットに響くコンセプトになるでしょう。

採用ブランディングの方法⑷媒体を選ぶ

採用ターゲットに効果的にアピールするためにも、媒体の選択は非常に重要です。その媒体の特徴や将来性を考え、設定したターゲットに相応しいか、見直しましょう。

まとめ

採用ブランディングは、ただ闇雲に行うのではなく、戦略を練って計画的に行う活動です。

採用にはマーケティング、ブランディングは関係ないと思っている方も、戦略的に行うことで、様々なコストを省けるかもしれません。